ドラマ&映画で学ぶ韓国の歴史文化ブログ

日本でも韓国でも寝れない時,羊(양)数えるけどその理由は?羊だと意味がない?!

こんにちは、채희(チェヒ)です!

最近、発達障害について考える機会があり、

『굿닥터(グッド・ドクター)』を見始めました。

↑アマゾンプライム

↓U-NEXTでも見れます

また、日本では山﨑賢人さん、上野樹里さん主演で2018年にリメイクされました。

あらすじなどはまた別の機会に書きますが、

このドラマは、自閉症を持ちながら、

驚異的な暗記能力(サヴァン症候群)を活かして

医者を志す青年(ジュウォン)のお話。

発達障害者と社会との関わり方、

これは日本でも大いに参考になるトピックで、

毎回色々と考えさせられます!

それとは別に、今回はすごい発見です!!(私だけ?)

真ん中で座っているのが主人公の주원(ジュウォン)さん。

表情や挙動、話し方の演技がリアルで素晴らしい☆

4話のとあるシーンで、

眠れない男の子が一生懸命羊を数えている場面が冒頭に出てきます。

日本でも、眠れない時は羊数えますよね!?

「양이 한마리, 양이 두마리, 양이 세마리…」

(羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹…)

表現も日本語と全く一緒ですね‼

羊数えるのは万国共通…?

と思ったところ、ドクター登場。

何だよー邪魔するなよーと男の子に言われつつも、

ドクターはこんな話を始めます。

何で寝るときに羊を数えるか知ってる?

英語の羊「Sheep」

寝るという単語「Sleep」に発音が似ていてるからなんだ。

だから、「양(羊)」を数えても意味ないよ。

韓国語で言うなら、

「잠(ジャム、寝ること)」に似てる言葉を使わなきゃ。

 

そこで男の子が、あっ、「잠자리」(ジャムジャリ)なら似てるじゃん!

と嬉しそうに言います🎵

つまり、トンボですね。

そういうと、

「잠자리 한마리,잠자리 두마리…」

(トンボ一匹、トンボ二匹…)

と数え始めました。

いつのまにか男の子と普通に会話ができるようになってて、

とてもホッコリするシーンでした。

そして、羊を数える謎(?)も分かって2倍衝撃でした(笑)。

すごい雑学を知った気分!!

日本語でも韓国語でも、明日から使えそうです(笑)。

ドクターありがとう

ただ、日本語で「寝る」に近い代わりの単語は…

ありますかね??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA