教材文法

『できる韓国語』レビュー

テキスト&参考書の特徴


新装版 できる韓国語 初級II
 

韓国語教室の最大手である新大久保学院の韓国人ネイティブの先生方が作成したテキストで、今となっては日本で最も定番の教科書と言えます。書店に行くと、必ずと言っていいほど置いてあります。教室運営の経験から、日本人学習者がつまずきやすいポイントを把握してその部分を重点的に説明しているのが特徴です。また、実際の日常会話で使う会話表現を念頭に置いているテキストなので、すぐ実践できるというメリットもあります。

例文会話⇒文法説明⇒練習問題⇒読み書き、会話練習

といった流れになっており、とてもバランスの取れたテキストだと思います!
これ一冊あれば、独学でもかなりの力が身に付くでしょう☆

初級~中級まできめ細かくレベル別に教材が用意されているのも魅力的です。

説明の分かりやすさ
4/5
練習問題の量
5/5
学習本気度
5/5

こんな方にオススメ!

シリーズ別紹介

〇初級Ⅰ

 
入門から初級前半までの内容です。
入門で、ハングルの説明と書く練習があるので、まだハングルも全く勉強したことがない初歩の方でも使えます。
初級パートでは、「スムニダ(습니다)」体、「ヘヨ(해요)」体の基本活用、数字などを学びます。実際の日常会話にポイントを置いた教科書なので、他の教科書よりヘヨ体が登場するのが早いと思います。
この1冊で、「~したいです」「~してください」「~してもいいですか?」「~しましょうか?」「~できません」などの文法が学べるので、簡単な旅行会話くらいができるようになります
 
〇初級Ⅱ

初級後半の内容です。
個人的には、韓国語を話すうえで最も使用頻度の高い表現がぎっしり詰まっているので、4冊の中で一番重要だと思います。
様々な文法活用に使う連体形(은,는,을)、不規則活用、間接話法が次から次へと出てきます。最も使うにも関わらず、やはり外国人には難しい文法でもあるので、この内容をどれだけ自分のものにできるかによって、韓国語が上手くなるかどうかが分かれてくると思います。
ワークブックも活用しながら、しっかりと勉強しましょう。
 
〇初中級ブリッジ
 

 無事に2冊終わっても、それがしっかり自分のものになっているか、自信がない時に役に立つのが初中級ブリッジです。初級の2冊で出てきた単語や文法を、改めておさらいできる一冊です。文法は簡単な説明にとどまっていて、メインは読み物や聞き取り練習です。いきなり中級に進むと、急に難しく感じられると思うので、読解や聴解に少し慣れるという意味でもとてもいいテキストです。

また、発音変化についての説明が詳しく解説されています。中級に入る前に、ぜひしっかり発音変化はマスターしておきたいところなので、発音に自信ない人もこちらをオススメします。

 
 
 
〇中級Ⅰ

中級の前半の内容です。
初級から、急に難しくなったと感じるかもしれません。
各課が読解パートと会話パートに分かれていて、より応用的な学習ができるのが特徴です。
また、韓国文化や社会についての内容が多いので、韓国語以外のことも楽しみながら学べるのがうれしいですね。
 
〇中級Ⅱ

できる韓国語シリーズの中では最もハイレベルな内容で、中級~上級ともいえるほど、難しい文法がたくさん出てきます。作文なども意識して作られているので、書き言葉で使うような表現もかなり目立ちます。検定試験を受けたい方にもおすすめの1冊です。
 
〇ワークブック
メインのテキストと並行してこちらのワークブックで勉強できます。テキストで出てきた文法を徹底的に練習することができるので、より一層定着を図ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA